広告

X-Men Apocalypse あらすじの要約

ブライアン・シンガー監督(『X-Men: フューチャー&パスト』)が、新作続編スーパーヒーロー映画『X-Men Apocalypse』の劇場公開を2016年に予定していることを発表しました。そして初となる映画の公式なあらすじも公開されました。:

あらすじ:
“『フューチャー&パスト』から10年後、アポカリプスが起こり、ストーリーの次なる舞台へと進む。過去を変えてしまったことにより、新たなユニークでパワフルな敵が誕生していた。チャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)、マグニートーことエリック(マイケル・ファスベンダー)、ミスティークことレイヴン(ジェニファー・ローレンス)、ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)、ビーストことハンク(ニコラス・ホルト)に若き日のサイクロップス、ストーム、ジーンを始めとする仲間たちが加わり、X-メンたちは史上最強の敵を相手に戦うことになる。人類の歴上にも起こったことのないほどのアポカリプスを勃発させることを決意した古代からの不屈の脅威と。”

1983年を舞台にした新『X-Men』映画ですね。なかなか面白そうですが、過去に戻るという手段は考えてあるのでしょうか?

『X-Men Apocalypse』の初オフィシャルティーザー予告編をまだご覧になってない方は、こちらからどうぞ。(そう、『X-Men: フューチャー&パスト』のクレジットタイトル後のシーンです。):


『X-Men: フューチャー&パスト』 – クレジットタイトル後のシーン (Apocalypse)
広告

『X-Men Apocalypse』は2016年5月27日公開予定です。
:)


Tweet