広告

X-MEN: フューチャー&パスト – マグニートーはジョン・フィッツジェラルド・ケネディを殺したのか?

『X-MEN: フューチャー&パスト』の最新宣伝用ビデオは、マグニートーことエリック・レーンシャーが第35代アメリカ大統領ジョン・フィッツジェラルド・ケネディの暗殺に関わっていたことを主張しています。:

『X-MEN: フューチャー&パスト』予告編
広告


『X-MEN: フューチャー&パスト』 – JFKとミュータントの陰謀
あらすじ:
“『X-MEN: デイズ・オブ・フューチャー・パスト』では、究極のX-メンたちが2つの次元に渡る種族の生存を賭けた戦いに集う。原作の『X-Men』三部作映画からの大人気キャラクターたちが『X-Men: ファースト・ジェネレーション』に登場した若き頃の彼らと共に力を合わせ、過去を変え未来を救うための偉大なる戦いに挑む。”

‘曲げられた銃弾’説について皆さんはどう思いますか?大統領の車を単に破壊することもできたはずのマグニートーが、本当にJFKを殺すのために銃弾を曲げたのでしょうか?もしかしたら、このつじつまの合わない仮説の裏には反ミュータントによる陰謀が隠されているのでしょうか?

公開日: 2014年5月23日
:)


Tweet