White House Taken 映画

仮題『Olympus Has Fallen』としても知られる『White House Taken(原題)』は、ジェラルド・バトラーがホワイト・ハウスでのテロ攻撃を阻止しようとする元財務省秘密検察局の調査官として主演する映画です。以前『クロッシンッグ』を手掛けたアントワン・フークワ監督作で脚本はクレイトン・ローテンベルガーとカトリン・ベネディクトが担当しています。『White House Taken』はIMDb(インターネット・ムービー・データベース)より2014年公開予定。

『White House Taken』予告編

以下から2012年カンヌ国際映画祭で初披露された『White House Taken』のティーザーポスター2枚をご覧になれます。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)

あらすじ:
“ジェラルド・バトラー主演の映画で、首にされてしまった財務省秘密検察局の調査官の役を演じる。彼はホワイト・ハウスを乗っ取ろうとする北朝鮮の攻撃を食い止めようとする。”

ジェラルド・バトラーはまたもや不思議なマシンガンを使って悪役に神の言葉を知らしめることになるのだろうか?僕は絶対に『White House Taken』を見に行くつもりです。ジェラルド・バトラーはいつだってサイコーですから!

映画『White House Taken』の更なる詳細もお見逃しなく。
:)