Tar 映画

『Tar』は詩人C・K・ウィリアムズの人生や作品について描いた新作ドラマ映画です。ジェームズ・フランコ監督作で、脚本は12人のニューヨーク大学の映画制作の生徒のエドナ・ルイス・ビーソルド、サラ=バイオレット・ブリス、ガブリエル・デメーストレ、アレクシス・ギャンビス、シュルティ・ガングリー、ブルック・ゴールドフィンチ、シュリプリヤ・マへシュ、パメラ・ローマノウスキー、ブルース・ティエリ・チェン、タイン・トーマセン、ヴァージニア・ウレイズティエタ、オマー・ズニーガ・イダルゴが担当しています。『Tar』の豪華キャストはジェームズ・フランコ、ヘンリー・ホッパー、ミラ・クニス、ジェシカ・チャステイン他。こちらは『Tar』の初オフィシャルポスターです。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)


『TAR』

一人の男、一人の人生、千の記憶。

あらすじ:
“複数のピューリッツァー賞受賞者であるC・K・ウィリアムズの人生を彼の詩を通して描いた作品。幼少期、ティーン時代、大学生活から彼の妻キャサリン(ミラ・クニス)と出会い結婚し、子供たちの誕生や親としての人生をフラッシュバックする。作品は異なるヴァージョンのウィリアムズ(ジェームズ・フランコ、ヘンリー・ホッパー、ジョーダン・マーチ、ザッカリー・アンガー)によるナレーションで、年を隔てウィリアムズの様々な視点が描写されている。”

こちらの動画(Ain’t It Cool TVの提供)で、ジェームズ・フランコが作品について語っています。:


『Tar』について語るジェームズ・フランコ
彼は、ニューヨーク大学の生徒が動画を作成するのにあたり用いた独特の映画制作のプロセスや、どのようにしてプロジェクトをまとめたのかについて説明しています。

ジェームズ・フランコが映画製作の授業を教えていることをご存知でしたか?
:?