広告

Silence マーティン・スコセッシ監督作

マーティン・スコセッシ監督が、17世紀の日本を舞台にした新作歴史ドラマ映画『Silence』の撮影をまもなく開始します。こちらの映画は日本人作家の遠藤周作の小説が原作となっています。こちらがあらすじの要約です。:

あらすじ:
“17世紀の日本で、師匠を見つけ出しキリスト教の教えを広めるため来日した2人のイエズス修道士が暴力と迫害を受ける。当時の徳川幕府では、カトリック教や外国からのコンタクトの大半が禁じられていた。彼らはそこで、西洋の影響を完全粛清しようとするに政府により日本人キリスト教徒が迫害を受ける様子を目の当たりにする。最終的に牧師たちは分裂し、ロドリゲスは田舎町を旅する中で、なぜ神は苦しむ我が子たちを見ながらも黙秘し続けるのだろうかと疑問を持ち始める。”

今現在公開されている出演キャストは以下の通りです。:
– リーアム・ニーソン: フェレリア神父
– アンドリュー・ガーフィールド: ロドリゲス神父
– アダム・ドライバー: フランシス・ガルぺ神父
– 渡辺兼: キチジロー

この映画は初の実写化映画ではありません。1971年に公開された篠田正浩監督により既に映画化された作品です。でも、マーティン・スコセッシが表現する遠藤周作の小説もとても気になります。

公開日は現在未定ですが、2015年内には公開されると思います。
:)

広告

Tweet