広告

Paranoia 映画

映画『Paranoia』ロバート・ルケティック監督(『キス&キル』や『男と女の不都合な真実』)がジョセフ・フィンダーの同名小説に基づいた新作スリラー映画『Paranoia』の監督を担当することになりました。上司に脅されてライバル社のスパイをさせられることになる若社員が中心となったストーリーです。バリー・レヴィ(『バンテージ・ポイント』)が前もって書き下ろした原稿からジェイソン・ディーン・ホール(『愛とセックスとセレブリティ』)が脚本を仕上げたそうです。『Paranoia』は2013年9月27日公開予定です。

『Paranoia』予告編

あらすじ:
アダム・キャシディ(リアム・ヘムズワース)は上昇中のハイテク企業ワイアット・テレコムで働く野心をもった、しかしうだつのあがらない社員。不当にクビにされてしまったアダムは悪賢く会社の経費を押領し、莫大な退職パーティーを企画するのだが、一匹狼の代表取締役ニコラス・ワイアット(ギャリー・オールドマン)にみつかってしまう。ワイアットはアダムに選択肢を与える。:それは横領罪で服役するか、ワイアットのライバルである事業の元老ジャック・ゴッダード(ハリソン・フォード)が代表取締役を務めるライバル社トライオン・システムの本部にスパイとして潜り込むかという究極の選択であった。脅迫され法人組織のスパイ活動に参加してしまったアダムは見かけとは全く違い、誰も信じることのできない世界に入り込んでしまう。そこでかれは代表取締役員らが会社の秘密を守るためにあらゆる非常行為を執行するのを目の当たりにすることになる。”

法人組織のスパイ活動を描いた映画?とても興味深そうです!リアム・ヘムズワースがやむを得ずスパイにされてしまう社員の役を演じるのも簡単に想像がつきます。『Paranoia』は絶対に見てみたいです。

映画『Paranoia』に関する今後の詳細にも乞うご期待!
:)

広告

Tweet