Map to the Stars 映画

映画『Map to the Stars』デヴィッド・クローネンバーグの次作はおそらくブルース・ワグナー脚本の新作ドラマ・コメディ映画『Map to the Stars』となるでしょう。監督は現在ロバート・パティンソンとヴィゴ・モーテンセンと話し合いの段階であることを発表しました。公開予定日は今のところ未定です。

『Map to the Stars』予告編

デヴィッド・クローネンバーグ監督より企画についてひと言:

“エージェント、俳優、マネージャーなどがキャラクターとなるのでハリウッド映画と言ってもいいかもしれませんが、『ザ・プレイヤー』のような風刺作品にはなりません。ハリウッドとは誘惑的でそれと同時に不快な世界でもあり、その二つの要素が混ざり合うことで強力なものとなるのです。作品が明かす文化や西洋文化、そしてその他の世界の文化はとても複雑なものなので、ありふれた表現や単純なスローガンを用いるつもりはありません。いくつかのシーンはロサンゼルスで、そして残りのシーンはトロントで撮影することが決定しています。”

デヴィッド・クロネーンバーグ監督

ロバート・パティンソンとヴィゴ・モーテンセン主演のデヴィッド・クロネーンバーグ監督作?これは絶対に見逃したくありません!それにデヴィッド・クロネーンバーグが描くハリウッドシーンの舞台裏もともて気になります。

映画『Map to the Stars』の更なる詳細もお見逃しなく!
:)