iBoy 映画

アダム・ランダル監督、ウィル・ポールター主演の新作SF映画『iBoy』のティーザーポスターをご覧ください。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)


『iBOY』

どの世代にも新しいヒーローが必要だ。

あらすじ:
“襲撃以前、トム・ハービーは単なる平凡なティーン少年だった。しかし、ハイテクに真っ向から衝突してしまった彼は、実現化されたアプリになってしまった。粉々になったiPhoneの破片が彼の脳に埋め込まれてしまったのだ。そしてその破片たちが彼の思考の一つひとつに驚くべき効果をもたらしていたのであった。
そして今、トムは誰よりも色々な事を知りつくし、見つくし、することができるようになってしまった。しかし、その新たな能力を持ってしまったことで、彼はある選択に迫られる。:彼は、愛する少女ルーシーの復讐を果たすため、彼女を傷つけた邪悪なギャングたちを追い詰めるべきか?それとも、彼らと同じように恐怖と暴力をもって鉄拳制裁を加え、ロンドン南部の住宅団地から彼らを抹殺するべきか?”

こちらの作品は、イギリス人作家のケヴィン・ブルックスによる同題小説が原作となっています。

アップルのタカ派弁護士はこのタイトルで映画が公開されることを許可するのでしょうか?それとも著作権侵害の罪で告訴するのでしょうか?皆さんはどう思いますか?

さて、『iBoy』に関する今後の詳細もお見逃しなく。
:)