Enemy – ジェイク・ギレインホールのダブル

俳優のジェイク・ギレンホール、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、そして『Enemy』のスタッフらが、こちらの最新舞台裏動画で映画について語ります。:


『Enemy』 – 画面上にダブルを作り出す方法あらすじ:
“アダム・ベル(ジェイク・ギレンホール)は美人の彼女(メラニー・ロラン)とのセックスにすら興味がないような陰気でだらしない歴史学の教授。同僚に勧められた映画を鑑賞している時にアンソニー・クレアという名の俳優で小さな役柄を演じている自らの分身を見つけたアダムは彼を追跡しようと、とても興味深いアドベンチャーに出かける。瓜二つの男たちが出会い関わり合ってしまったことから、彼らの人生は異様に、そして変えられることのできないようなものになっていく。”

リチャード・アヨエイド監督の『The Double』『Enemy』から一つ選ぶとしたら、僕は『Enemy』を選ぶと思います。皆さんはいかがですか?

二重性のストーリーに興味をそそられますか?

公開日: 2014年3月14日
:)