Delivery Man ドイツ版ポスター

『Delivery Man』の最新ドイツ版ポスターに写っているヴィンス・ヴォーンは、いまだに自分が533人もの子供たちの父親になってしまった事実を受け入れられていないようです。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)

あらすじ:
“親しみのある負け犬男(ヴィンス・ヴォーン)は、人工授精クリニックで20年前に精子を提供したことから、533人の子供たちの父親になっていたことを知る。そしてそのうちの142人が彼の身元を明かすよう要請するための裁判を起こした今、彼は名乗りをあげるべきかどうかの決断に迫られる。”

もし運良く、子供たちの一人が大金持ちになっていたら、彼はもう一生働かずに済むかも知れません!笑

映画の予告編をまだご覧になっていない方は、こちらからどうぞ。:


『DELIVERY MAN』

そうでなければ、精子銀行に自分の体液を売り続ければ良いのです。

公開日: 2013年11月22日
:)