Almost Human シーズン1第6話 Arrhythmia

『Almost Human』シーズン1第6話カール・アーバン、マイケル・イーリー主演のSFテレビドラマ『Almost Human』の次回エピソード”Arrhythmia”のオフィシャル・プロモーション予告編です。:


『Almost Human』シーズン1第6話 – Arrhythmia

『Almost Human』シーズン1第6話 Arrhythmia
エピソードの概要:
“ジョン・ケネックス刑事とドリアンはある病院での不審死に対応する。その病院では、一人の男が心停止で亡くなる直前に、何者かが彼を殺そうとしていることを訴えており、しかも不可解なことに自らの正確な死亡時刻までを知っていたのだ。捜査を繰り広げていく中で、生命の維持に重要な器官を取り扱う闇市場が浮かび上がってくる。その闇市場では隔離操作で’オフ’にすることのできる生体機械の心臓が転売されていた。チームがこのテクノロジーを用いた画期的な犯罪の真相を解き明かそうとする中、ドリアンは既に退役したDRNとコンタクトを取る。”

人工心臓は素晴らしいと思いますが、『Almost Human』の世界でのアンドロイドたちはとても高度なものにできています…。優れたアンドロイドに脳をアップロードするほうが簡単にできそうな時代に、わざわざ人工心臓で苦しみながら生き続ける必要があるのでしょうか?
:)