Admission 映画

『Admission』はポール・ウェイツ監督(『アバウト・ア・ボーイ』)、カレン・コーナーとジーン・ハンフ・コレリッツ脚本の新作コメディ・ドラマ映画です。 キャストはティーナ・フェイ、ポール・ラッド、マイケル・シーン、グロリア・ルーベン、ウォレス・ショーン、リリー・トムリン他。撮影は2012年5月に開始されました。2013年内には公開されると思います。

『Admission』予告編

ニューヨークの『Admission』の撮影現場で女優ティーナ・フェイが目撃されました。:

(クリックすると拡大画像をご覧になれます。)

あらすじ:
“ポルティア・ネイソン(ティーナ・フェイ)はプリンストン大学の入学届け受付事務所で働く事務員。 希望を抱いた何千人もの生徒を評価する聡明で意欲のある彼女は、私生活や同僚のマーク(マイケル・シーン)との交際でも教科書通りに振る舞う。志願者を出す実験段階のニュー・ハンプシャー高校に訪問したポルティアは創立者の1人であるジョン・ホルシー(ポール・ラッド)が彼女と同じ大学出身であったことを知り驚く。そして彼女が学生時代に取ったある決断が呼びさまされ、彼女は張圧されてしまう。実は彼女には養子に出した息子がいて、現在のジョンの生徒であるませた悪がきのジェレミヤがその息子かもしれないことに気づくのだ。ポルティアの感情が高まる中、彼女の人生が恥にさらされていくことによって入学規則を曲げ始める。それはジャレミアに最高のレールを敷いてやり、自分の罪を償うためであったのだが...。”

興味深いあらすじだと思います。それにティーナ・フェイとポール・ラッドがキャストならなおさらです。どんな作品に仕上がるかとても気になります。

映画『Admission』の更なる詳細も近々更新予定!
:)