Admission サウンドトラック

ポール・ウェイツ監督、ティーナ・フェイ、ポール・ラッド主演の新作コメディ・ドラマ映画『Admission』のオフィシャルサウンドトラック曲目リストを入手いたしました。:

『Admission』オリジナル映画サウンドトラック
オムニバス

1. 2-Part Invention #1 in C, BWV 772 – Christy Carew
2. Cool Samba – Andrew Prosser, Mark Allaway, and Melissa Heathcote
3. George Was Here – Michael Levine
4. Peaceful Carillon – Christy Carew
5. Shine Right Through – Correatown
6. Tigertown Blues – The Princeton Nassoons
7. It’s Amazing – Jem
8. (What I) Wouldn’t Do – A Fine Frenzy
9. Careful – Flip Grater
10. Naturally – Future People
11. Lucky – Kat Edmonson
12. Blues The Most – Hampton Hawes
13. Make Your Heart – Azure Ray
14. Hasta Quemarnos – Kinky
15. Shapiro, The Kid – David Torn
『Admission』の歌 - 『Admission』の音楽 - 『Admission』のサントラ - 『Admission』の挿入曲

あらすじの概要:
“プリンストン大学の入学受付事務所で働く堅苦しい事務員のポルティア・ネイソン(ティーナ・フェイ)は、元同級生で自由奔放なジョン・プレスマン(ポール・ラッド)が経営の監督をする高校にリクルート目的で訪問した際に不意を突かれてしまう。プレスマンは、才能に溢れてはいるものの型にはまろうとしない生徒のジェレミア(ナット・ウルフ)が、実はポルティアが数年前に秘密で養子に出しだ息子であるかもしれないと思っていることを打ち明ける。”

『Admission』のサントラの中で皆さんのお気に入りの曲はどれですか?
:)