広告

デヴィッド・クローネンバーグ監督作Map to the Starsの予告編

ジュリアン・ムーア、ミア・ワシコウスカ、ロバート・パティンソン、ジョン・キューザック、エバン・バード、オリヴィア・ウィリアムズ、サラ・ガドン主演の新作ドラマ映画『Map to the Stars』からの最新インターナショナル版予告編がネット上に公開されました。動画はこちらからご覧ください。:


『MAP TO THE STARS』
広告
あらすじ:
“ワイズ一家は原型的なハリウッドの名家であった。父親のスタンフォード(ジョン・キューザック)はアナリストとコーチを務め、彼自身が作った自助マニュアルで富を成していた。母親のクリスティーナ(オリヴィア・ウィリアムズ)は、主に13歳の子役スターである息子ベンジー(エヴァン・バード)の仕事の世話をしていた。
スタンフォードの顧客の一人であるハバナ(ジュリアン・ムーア)は母親のクラリス(サラ・ガドン)が60年代にスターになるきっかけとなった映画のリメイク版を撮影することを夢見る女優。ハヴァナは毎晩のように今は亡きクラリスの幻想に付きまとわれていた。そんな有毒な状況の中、ベンジーは9歳の時に加入したリハビリ・プログラムから抜けてしまい、姉のアガサ(ミア・ワシコウスカ)は放火癖で治療を受けていた療養所から退院してきたところであった…”

刺激的で素晴らしいカットの最新予告編ですね!でも実際の映画の進み具合はもっとスローになると思います…。どちらにしろ、僕はもうハマってしまいました。デヴィッド・クローネンバーグの最新ドラマ映画が待ち遠しいです!

秘密ごとは致命的であることをお忘れなく!
:)


Tweet