Transcendence

トランセンデンス 映画 – R.I.F.T.

ジョニー・デップ主演の新作SFスリラー映画『トランセンデンス』の世界では、R.I.F.T(“テクノロジーからの革命的独立”の略)と呼ばれる反テクノロジーのテロ組織が存在します…。この危険なバカ者たちの組織からの2本の宣伝動画です。:


『トランセンデンス』 – 人間は命を持って生まれるのだ。プログラムされるのではない。 (R.I.F.T.)


『トランセンデンス』 – これはまだ始まりに過ぎない。(R.I.F.T.)

トランセンデンスとはスーパーコンピューターの中に人間の脳をアップロードすることである。
アップロードされた者はコンピューターにより自由を奪われることになる。
コンピューターが意志を持ち、そのパワーを使い我々人類を破滅させることが可能となる…

このマシーンを発明している科学者たちを止めるのだ。
この男のせいで人類は衰亡したのだ。

これは単なる始まりに過ぎない!

この技術革新反対主義者たちを脳葉切除して行動を監視するために電子チップでも埋め込めるべきです!

さて、こちらは3枚のプロパガンダポスターです。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)

『トランセンデンス』のあらすじ:
“コンピューター・サイエンティストのエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)は、テロリストに暗殺されてしまった夫ウィル(ジョニー・デップ)の脳をコンピューターにアップロードする。
しかし、知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始める…
怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけが次第に明確になっていく!”

劇場公開日: 2014年6月28日
:)

トランセンデンスからの7本の動画クリップ – ジョニー・デップ主演の人工知能映画

ウォーリー・フィスター監督、ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、モーガン・フリーマン、キリアン・マーフィー、ケイト・マラ主演の新作SFドラマ映画『トランセンデンス』からの7本のプレビュー動画を入手いたしました。:


『トランセンデンス』 – 13万年もの間、我々人類の論理は変わることがなかった。


『トランセンデンス』 – こんばんは、ドナルド・ブキャナンさん。


『トランセンデンス』 – 人工知能は人類に対する不自然な憎悪と脅威の表し方だ。


『トランセンデンス』 – あなたが何を企んでいるかはお見通しよ!


『トランセンデンス』 – 本当に自己認識があるのか?


『トランセンデンス』 – 人工知能を作り出す代わりに既在している知能を複製したの。


『トランセンデンス』 – 酷い字だな。
あらすじ:
“コンピューター・サイエンティストのエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)は、テロリストに暗殺されてしまった夫ウィル(ジョニー・デップ)の脳をコンピューターにアップロードする。
しかし、知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始める…
怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけが次第に明確になっていく!”

最新バナーポスターもございます。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)

皆さんは人工知能についてどのような考えを持っていますか? 人類の授かりものだと思いますか? それとも脅威だと思いますか?

こちらの映画は2014年6月28日劇場公開予定です。
:)

トランセンデンス 映画 – 真の脅威!

ジョニー・デップ主演の新作SF映画『トランセンデンス』の最新プロモーションビデオです。:


『トランセンデンス』 – 真の脅威だ!
あらすじ:
“コンピューター・サイエンティストのエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)は、テロリストに暗殺されてしまった夫ウィル(ジョニー・デップ)の脳をコンピューターにアップロードする。
しかし、知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始める…
怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけが次第に明確になっていく!”

人工知能の開発とそれにより引き起こされる収拾のつかない状態を描いた映画です。

人工知能はいつか人間を出し抜くことになるでしょう… 皆さんは不安ですか? それとも人類にとっては良い事だと思いますか?

劇場公開日: 2014年6月28日
:)

トランセンデンス サウンドトラック

ウォーリー・フィスター監督、ジョニー・デップ主演の新作SF映画『トランセンデンス』のサウンドトラックからのオフィシャル曲目リストが公開されましたので、こちらからご覧ください。:

『トランセンデンス』オリジナル映画サウンドトラック
音楽: マイケル・ダナ

1. Transcend
2. Far from What They Were
3. Will and Evelyn
4. Four, Maybe Five Weeks
5. Building Will
6. You Cannot Say
7. Is Anyone There?
8. Online Now
9. Reservation Under Turing
10. Get off the Grid
11. We Had Crossed the Line
12. Building Brightwood
13. Two Years Later
14. Healing the Sick
15. Why Are You so Afraid of This?
16. It’ s in the Rain
17. The Only One He Trusts
18. Found a Way Back
19. Why Did You Lose Faith?
20. I Can See Everything
21. Always Was
22. Garden
『トランセンデンス』の曲 - 『トランセンデンス』の音楽 - 『トランセンデンス』のサントラ - 『トランセンデンス』の挿入歌

あらすじの要約:
コンピューター・サイエンティストのエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)は、テロリストに暗殺されてしまった夫ウィル(ジョニー・デップ)の脳をコンピューターにアップロードする。
しかし、知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始める…
怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけが次第に明確になっていく!

『トランセンデンス』のサウンドトラックは2014年4月15日リリース予定です。
:)

トランセンデンス – トランセンデンスとは?

幽霊のようなジョニー・デップ主演の新作SF映画『トランセンデンス』の最新動画ではトランセンデンスの意味が定義されています。:


『トランセンデンス』 – トランセンデンスとは?
あらすじ:
“コンピューター・サイエンティストのエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)は、テロリストに暗殺されてしまった夫ウィル(ジョニー・デップ)の脳をコンピューターにアップロードする。
しかし、知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始める…
怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけが次第に明確になっていく!”

基本的にトランセンデンスとは人間の脳をスーパー・コンピューターにアップロードすることのようです。まあ、僕だったら死ぬぐらいなら脳をコンピューターにアップロードしたいですけどね!皆さんはいかがですか?自分の脳をアップロードしたいですが?それともデジタル化された死後の世界に対するコンセプトに反対しますか?

劇場公開日: 2014年4月17日
:)

トランセンデンス 映画ポスター

ジョニー・デップ主演の新作SF映画『トランセンデンス』の最新ポスターが公開されました。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)


『トランセンデンス』

昨日までウィル博士は単なる人間だった。

あらすじ:
“コンピューター・サイエンティストのエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)は、テロリストに暗殺されてしまった夫ウィル(ジョニー・デップ)の脳をコンピューターにアップロードする。
しかし、知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始める…
怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけが次第に明確になっていく!”

僕の姑が機械にアップロードされない限り、人類は安全だと思います!

『トランセンデンス』の最新予告編をまだご覧になっていない方は、こちらからどうぞ。: 続きを読む »

トランセンデンスの最新予告編 – ジョニー・デップが人類の新しい電子的な神になる!

またもや、俳優のジョニー・デップが神になるという設定の新作AF映画『トランセンデンス』から最新予告編が届きました。:


『トランセンデンス』

もし天才たちが人類を救う計画を立てていたらどうだろうか…

そしてもしその計画が一瞬のうちに変わってしまったら?

もし新たな知能が誕生したら?

それは一体何をするのだろうか?

あらすじ:
“コンピューター・サイエンティストのエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)は、テロリストに暗殺されてしまった夫ウィル(ジョニー・デップ)の脳をコンピューターにアップロードする。
しかし、知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始める…
怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけが次第に明確になっていく!”

僕だったら電子的な神になるために、迷わず自分の肉体を手放します。僕はジョニー・デップが演じるキャラクターのように誇大妄想者にならないと思います…。それよりもまだ人類が立ち入ったことのない場所へ勇敢に言ってみたいです。まだまだ探究すべき広大な宇宙が待っていますから!

シンギュラリティーの始まりです!

映画『トランセンデンス』は2014年6月28日劇場公開予定です。
:)

トランセンデンス ポスター

キャプテン・ジャック・スパロウ、おっと、ではなくて、ジョニー・デップ主演の新作SF映画『トランセンデンス』の初オフィシャルポスターをご覧ください。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)


『トランセンデンス』

新たな知能が生まれたとしたら?

あらすじ:
“末期の病に苦しむ科学者(ジョニー・デップ)は自らの脳をコンピューターにアップロードする。そしてこのことにより、彼は夢にも描いていなかったほどの力を手に入れてしまい、誰も彼を止めることができなくなる。”

もし超越した神のような存在になれるとしたら、あなたはどんな神になると思いますか?嫉妬や復讐に燃える神ですか?それとも愛や情けに溢れる神ですか?

映画予告編をまだご覧になっていない方はこちらからどうぞ。: 続きを読む »

ジョニー・デップ主演トランセンデンスの予告編

ジョニー・デップをトースターのようなものにアップロードしてしまうという設定のウォーリー・フィスター監督の新作SF映画『トランセンデンス』の日本版予告編をご覧ください。:


『トランセンデンス』
あらすじ:
“末期の病に苦しむ科学者(ジョニー・デップ)は自らの脳をコンピューターにアップロードする。そしてこのことにより、彼は夢にも描いていなかったほどの力を手に入れてしまい、誰も彼を止めることができなくなる。”

世界をかえつつある究極の主であるインターネットの神を迎え入れる準備はできていますか?

映画『トランセンデンス』は2014年6月28日劇場公開予定です。
:)

トランセンデンス 映画予告編

ウォーリー・フィスター監督、ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、モーガン・フリーマン、キリアン・マーフィー、ケイト・マラ主演の新作SFドラマ映画『トランセンデンス』の初オフィシャル映画予告編をご覧ください。:


『トランセンデンス』
あらすじ:
“ウィル・キャスター博士(ジョニー・デップ)は、全ての知識に関する集団的知性と最大範囲の人間の感情全てを持ち備えた知覚力のある機械の発明を試みる人工知能の分野で最も先端を行く研究者。非常に議論を醸し出すような実験により彼は有名になったが、何としても彼の研究を阻止しようとする反テクノロジー過激派たちの主要ターゲットにもなってしまった。しかし、ウィルを破滅させようとする試みの中、彼らは不注意にもウィルの超越性に関与してしまい、彼の成功を導く引き金となってしまう。共に研究者である妻のエブリン(レベッカ・ホール)と親友のマックス・ウォーターズ(ポール・ベタニー)は、可能なこと全てを実行へ移しても良いべきかという疑問を抱えていた。そして知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始めた時、彼らの最も恐れていたことが現実となる。怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけがどんどん明確になっていく。”

確かに、面白そうな映画なので僕も見てみたいとは思います。しかし、いつもながらハリウッドは世間を騒がすようなテーマを抱いて映画チケットを売ろうとしているようですね…。

さて、もう2本のティーザー動画もございます。:


『トランセンデンス』 – 人類の進化における次の段階が人類とかけ離れたものだったら?


『トランセンデンス』 – 特異性と呼ぶ人もいるが、私は超絶性と言いたい。

『トランセンデンス』は2014年4月17日公開予定です。
:)