Amped

Amped 映画

ダニエル・H・ウィルソンの小説の実写映画『Amped』『Amped』はダニエル・H・ウィルソン(『ロボポカリプス』の著者)の最新SF小説です。小説はあと数日後の2012年6月5日に発売予定ですが、映画化の件はもうずっと前から決まっていたそうです。著作権はまだ小説が書きかけの段階だった2010年11月にサミット・エンターテイメントにより買収されていたのです。『ダークシティ』や『アイ、ロボット』でお馴染みのアレックス・プロヤス監督が映画化の担当になっているそうです。製作はまだ始まったばかりなので、今現在キャストの公開はされていません。

『Amped』予告編

こちらが小説のオフィシャル推薦広告です。:

あらすじ:
“『Amped』のストーリーの中では、人間の身体の中に超人的なパワーを使うことを可能とする装置が埋め込まれている。パワフルなテクノロジーは社会に神秘的な結果をもたらし、間もなく「能力が拡大された」人間の力や権利を制限する法律が作られる。最高裁判所により初めの法律が許可される日から、29歳のオーウェン・グレイは「Amps」と呼ばれる下層階級の一員として虐遇されることになる。オーウェンは逃亡せざるを得なくなり、最高の「Amps」グループが世界を変えようと(それとも破壊しようと)しているという噂を聞きつけて、オクラホマ州の植民地へと向かうのだが...”

ストーリーの前提からして興味深いものになりそうです。(小説の予約注文までしてしまいました。)ハリウッドが既に買収していたというのは驚きと言うより当然ですね。 しかもSFの熟練者であるアレックス・プロヤス監督が関与している作品なので、見る価値が十分にある映画になると思います。

映画『Amped』の詳細は入り次第更新する予定です!
:)

Amped

Amped 映画Amped
ジャンル: サイエンス・フィクション/スリラー
監督: Alex Proyas
キャスト:
公開日: 2014

詳細はこちら –>Amped Trailer

https://amped-movie-trailer.blogspot.com/