Admission

Admission サウンドトラック

ポール・ウェイツ監督、ティーナ・フェイ、ポール・ラッド主演の新作コメディ・ドラマ映画『Admission』のオフィシャルサウンドトラック曲目リストを入手いたしました。:

『Admission』オリジナル映画サウンドトラック
オムニバス

1. 2-Part Invention #1 in C, BWV 772 – Christy Carew
2. Cool Samba – Andrew Prosser, Mark Allaway, and Melissa Heathcote
3. George Was Here – Michael Levine
4. Peaceful Carillon – Christy Carew
5. Shine Right Through – Correatown
6. Tigertown Blues – The Princeton Nassoons
7. It’s Amazing – Jem
8. (What I) Wouldn’t Do – A Fine Frenzy
9. Careful – Flip Grater
10. Naturally – Future People
11. Lucky – Kat Edmonson
12. Blues The Most – Hampton Hawes
13. Make Your Heart – Azure Ray
14. Hasta Quemarnos – Kinky
15. Shapiro, The Kid – David Torn
『Admission』の歌 - 『Admission』の音楽 - 『Admission』のサントラ - 『Admission』の挿入曲

あらすじの概要:
“プリンストン大学の入学受付事務所で働く堅苦しい事務員のポルティア・ネイソン(ティーナ・フェイ)は、元同級生で自由奔放なジョン・プレスマン(ポール・ラッド)が経営の監督をする高校にリクルート目的で訪問した際に不意を突かれてしまう。プレスマンは、才能に溢れてはいるものの型にはまろうとしない生徒のジェレミア(ナット・ウルフ)が、実はポルティアが数年前に秘密で養子に出しだ息子であるかもしれないと思っていることを打ち明ける。”

『Admission』のサントラの中で皆さんのお気に入りの曲はどれですか?
:)

ティーナ・フェイとポール・ラッド主演作Admissionより6本の動画クリップ

以下から、ポール・ウェイツ監督、ティーナ・フェイ、ポール・ラッド主演のの新作コメディ・ドラマ映画『Admission』の予告編動画6本をご覧いただけます。:


『Admission』 – ちょっと気まじめすぎる女性


『Admission』 – 何人の人から’お母さん’って呼ばれてる?


『Admission』 – 歯ブラシ
あらすじ:
“大きな昇進を目前にしたプリンストンの入学受付事務員は、ある大学進学を目指すオルタナティブスクールの生徒が何年も前に秘密で養子に出した息子であるかもしれないことを知り、自らの職業を棒に振ってしまうかもしれないほどのリスクを犯す。”

『Admission』より更なる動画クリップは以下からご覧いただけます。: 続きを読む »

ティーナ・フェイとポール・ラッド主演映画Admission

ポール・ウェイツ監督(『アバウト・ア・ボーイ』)、ティーナ・フェイ、ポール・ラッド主演の新作コメディ・ドラマ映画『Admission』より、こちらのテレビスポットCMをご覧ください。:

『Admission』予告編


『ADMISSION』
あらすじ:
“大きな昇進を目前にしたプリンストンの入学受付事務員は、ある大学進学を目指すオルタナティブスクールの生徒が何年も前に秘密で養子に出した息子であるかもしれないことを知り、自らの職業を棒に振ってしまうかもしれないほどのリスクを犯す。”

もしあなたの将来がティーナ・フェイの手の内にあったらどうしますか?

公開予定日: 2013年3月22日。
:)

Admission 映画予告編

ティーナ・フェイ、ポール・ラッド主演の新作ドラマ・コメディ映画『Admission』の最新予告編がネット上に公開されました。:

映画『Admission』 – 2013年3月8日公開予定


『ADMISSION』
あらすじ:
“大きな昇進を目前にしたプリンストンの入学受付事務員は、ある大学進学を目指すオルタナティブスクールの生徒が何年も前に秘密で養子に出した息子であるかもしれないことを知り、自らの職業を棒に振ってしまうかもしれないほどのリスクを犯す。”

ティーナ・フェイは素晴らしい女優です。彼女の演技にはいつも見入ってしまいます。
:)

Admission 映画ポスター

幸福への道の途中で起こった予期しなかった遠回りについて描いた新作ドラマ・コメディ映画『Admission』の初映画ポスターをご覧ください。:

『Admission』映画予告編

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)

あらすじ:
“プリンストン大学の入学受付事務所で働く堅苦しい事務員のポルティア・ネイソン(ティーナ・フェイ)は、元同級生で自由奔放なジョン・プレスマン(ポール・ラッド)が経営の監督をする高校にリクルート目的で訪問した際に不意を突かれてしまう。プレスマンは、才能に溢れてはいるものの型にはまろうとしない生徒のジェレミア(ナット・ウルフ)が、実はポルティアが数年前に秘密で養子に出しだ息子であるかもしれないと思っていることを打ち明ける。”

ポール・ウェイツ監督(『アバウト・ア・ボーイ』)、ティーナ・フェイ、ポール・ラッド主演作です。
:)

ティーナ・フェイ、ポール・ラッド主演作Admission予告編

ポール・ウェイツ監督(『アバウト・ア・ボーイ』)、ティーナ・フェイ、ポール・ラッド主演の新作コメディ・ドラマ映画『Admission』の初オフィシャル映画予告編を入手いたしました。:

映画『Admission』


『ADMISSION』
あらすじ:
“プリンストン大学の入学受付事務所で働く堅苦しい事務員のポルティア・ネイソン(ティーナ・フェイ)は、元同級生で自由奔放なジョン・プレスマン(ポール・ラッド)が経営の監督をする高校にリクルート目的で訪問した際に不意を突かれてしまう。プレスマンは、才能に溢れてはいるものの型にはまろうとしない生徒のジェレミア(ナット・ウルフ)が、実はポルティアが数年前に秘密で養子に出しだ息子であるかもしれないと思っていることを打ち明ける。しばらくすると彼女は、今までずっと望んでいたはずの人生を危機にさらしてまで、ジェレミアのために入学規則を曲げ始めてしまう。しかし、その経過の途中で、彼女は驚きに満ちた快活な人生や、思いもかけなかったロマンスを手に入れることになる。”

ティーナ・フェイは完全に役柄に適していると思います!大笑いできることが期待できそうです。

『Admission』は2013年3月8日公開予定です。
:)

Admission 映画

『Admission』はポール・ウェイツ監督(『アバウト・ア・ボーイ』)、カレン・コーナーとジーン・ハンフ・コレリッツ脚本の新作コメディ・ドラマ映画です。 キャストはティーナ・フェイ、ポール・ラッド、マイケル・シーン、グロリア・ルーベン、ウォレス・ショーン、リリー・トムリン他。撮影は2012年5月に開始されました。2013年内には公開されると思います。

『Admission』予告編

ニューヨークの『Admission』の撮影現場で女優ティーナ・フェイが目撃されました。:

(クリックすると拡大画像をご覧になれます。)

あらすじ:
“ポルティア・ネイソン(ティーナ・フェイ)はプリンストン大学の入学届け受付事務所で働く事務員。 希望を抱いた何千人もの生徒を評価する聡明で意欲のある彼女は、私生活や同僚のマーク(マイケル・シーン)との交際でも教科書通りに振る舞う。志願者を出す実験段階のニュー・ハンプシャー高校に訪問したポルティアは創立者の1人であるジョン・ホルシー(ポール・ラッド)が彼女と同じ大学出身であったことを知り驚く。そして彼女が学生時代に取ったある決断が呼びさまされ、彼女は張圧されてしまう。実は彼女には養子に出した息子がいて、現在のジョンの生徒であるませた悪がきのジェレミヤがその息子かもしれないことに気づくのだ。ポルティアの感情が高まる中、彼女の人生が恥にさらされていくことによって入学規則を曲げ始める。それはジャレミアに最高のレールを敷いてやり、自分の罪を償うためであったのだが...。”

興味深いあらすじだと思います。それにティーナ・フェイとポール・ラッドがキャストならなおさらです。どんな作品に仕上がるかとても気になります。

映画『Admission』の更なる詳細も近々更新予定!
:)

Admission

Admission 映画Admission
ジャンル: コメディ/ドラマ
監督: Paul Weitz
キャスト: Tina Fey, Paul Rudd, Michael Sheen, Gloria Reuben, Wallace Shawn, Lily Tomlin
公開日: 2013

詳細はこちら –>Admission Trailer

https://admission-movie-trailer.blogspot.com/