ワイルドスピード6 あらすじの概要

『ワイルドスピード6』の公式なあらすじの概要がネット上に公開されたので、以下からご覧ください。:

『ワイルドスピード6』映画予告編

あらすじの概要:
“ドム(ヴィン・ディーゼル)とブライアン(ポール・ウォーカー)によるリオでの強盗のせいで親玉の帝国が崩壊し、クルーに1億ドルが残されたため、我らのヒーローたちは地球上のあらゆる場所へと四散していった。しかし家に帰ることも永遠に逃走しながら生きることもできない彼らの生活は不完全なものであった。
その間、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は12ヶ国に散らばった致死的なスキルを持った傭兵の運転手たちの組織を追跡していた。その組織の指導者(ルーク・エヴァンス)は、ドムが死んだと思っていた残虐な副司令官で実は恋人であったレティ(ミシェル・ロドリゲス)により支援されていた。犯罪一味を阻止する唯一の方法は、地上レベルの競技で彼らに勝利することであることから、ホブスはドムにロンドンにいる彼のエリートチームを結集させるよう要求する。それに対する報酬とは?彼らが家に帰還し、家族と再び一緒になることを完全に赦免することである。”

レティは本当にダークサイドに移り変わったのでしょうか?

スーパーボウル中に放送される予定の『ワイルドスピード6』の初オフィシャル予告編をお見逃しなく!
:)