ロボコップ あらすじ概要

新作『ロボコップ』リメイクのあらすじ概要が初公開されました。:

『ロボコップ』映画予告編

あらすじ:
“時は2029年、多国籍企業であるオムニ社はロボットテクノロジーの最先端を行っていた。彼らが発明した無人機たちにより世界中でのアメリカの戦争に勝利し続け、今度はそのテクノロジーを国内戦線に用いることを試みる。アレックス・マーフィーは愛情深い夫、父親、そしてデトロイドの犯罪や腐敗の中で必死に抵抗しようとする良き警官である。職務中に致命的な怪我を負ってしまった彼の命を救うため、オムニ社はロボット科学を利用する。彼は素晴らしい新たな能力と共に愛する街に戻るのだが、そこでは普通の人間が今まで抱えたことのないような問題に直面する。
ホセ・パジーリャ監督が新たに描く半分人間で半分機械の完全警官ストーリーには主役キャラクターとしてジョエル・キナマン、ロボコップを発明する科学者役としてゲイリー・オールドマン、 メディア王パット・ノヴァック役としてサミュエル・L・ジャクソンが主演。”

そして画像数枚です。:

(クリックすると拡大画像をご覧になれます。)


こちらの作品は現在準備作業の段階で、2013年夏の公開が予定されています。
:)