広告

レボリューション シーズン2第16話 Exposition Boulevard

『レボリューション』シーズン2第16話まだご覧になっていない方は、ポストアポカリプス後を描いたSFテレビドラマ『レボリューション』の次回エピソード”Exposition Boulevard”のプロモーション予告編をご覧ください。:


『レボリューション』シーズン2第16話 – Exposition Boulevard
広告

『レボリューション』シーズン2第16話 Exposition Boulevard
エピソードの概要:
“モンロー(デヴィッド・ライオンズ)、チャーリー(トレイシー・スピリダコス)、コナー(マット・ヴァイロ)は無事ウィロビーに帰還するのだが、そこではパトリオットの再教育センターが建ち運営されていた。センターからの2人の生徒に出逢ったレイチェル(エリザベス・ミッチェル)とマイルズ(ビリー・バーク)は、パトリオットを倒すための手段について意見が分れてしまう。ネヴィル(ジャンカルロ・エスポジート)とジェイソン(JD・パルド)がミッションにおける新たな見方をつける中、パトリオットの歴史について更なる真実が明かされることになる。”

『レボリューション』は好きですが、それと同時にもうすぐドラマが打ち切りになることを願ってしまいます。シーズン3でストーリーをだらだらと長引かせることもできますが、その必要はあるのでしょうか?それより、一刻も早く終結が欲しいです!皆さんはどう思いますか?
:)


Tweet