マルコ・サロール マチェーテ・キルズ

チリ人武道家のマルコ・サロールが、ロバート・ロドリゲス監督作『マチェーテ』の続編に出演します。:

『マチェーテ・キルズ』映画予告編

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)


武道家俳優はメル・ギブソンの悪役キャラクターの部下であるサロール(偶然にも同じ名字)役としてキャストに加わります。

マルコ・サロールについてロバート・ロドリゲス監督からひと言。:

私は長年にわたるマルコのファンであり、実はこの役も彼のために特別に作り上げたものなのです。物理学に逆らうようなスピードと機敏性を持った素晴らしい武道家で、彼にはまた映画スターの素質も備わっています。また一緒に仕事ができるようになると思います。

ロバート・ロドリゲス監督

サロールはもう少し正しい銃砲の扱い方を知る必要があるようですが...。
:)