広告

マッツ・ミケルセン主演The Salvationの予告編

デンマーク人映画監督のクリスチャン・レヴリング監督、マッツ・ミケルセン(デンマーク人)、ジェフリー・ディーン・モーガン、エヴァ・グリーン、ミカエル・バーシュブラント、エリック・カントナ、ジョナサン・プライス主演の新作西部劇ドラマ映画『The Salvation』の初オフィシャル予告編を入手いたしました。:


『THE SALVATION』

1870年代の北アメリカ。

ドイツに対する抵抗に敗北した後、多くのデンマーク人兵士たちは新たな人生を求め西へと旅立った。

これはその一人の実話に基づくストーリーである。

広告
あらすじ:
“舞台は1870年代のアメリカ。マッツ・ミケルセンは自分と妻と子供のために新たな人生を求めアメリカ西部へと訪れたスカンディナヴィアからの移民者で元兵士のジョンを演じる。家族の殺人犯を殺した移民者のジョンは、悪名高いギャングのリーダーであるドラリュ(ジェフリー・ディーン・モーガン)の怒りを開放してしまう。腐敗し貧弱な地域社会から裏切られ、平穏な開拓者は復讐に燃えるハンターとなり、無法者を退治し、街の汚れた心を洗浄しなければならない。”

西部劇映画はあまり好きではありませんが、『ヴァルハラ・ライジング』で素晴らしい演出を披露したマッツ・ミケルセンが主演しているので、とりあえず観てみることにします。

公開日は現在未定です。
:)


Tweet