広告

ニード・フォー・スピード 映画

映画『ニード・フォー・スピード』ドリームワークスはエレクトロニック・アーツと協力して、大人気のレーシング・ビデオゲームシリーズ『ニード・フォー・スピード』(NFS)の実写化アクション映画の製作に取り組んでいます。ご存じでない方のために簡単に説明すると、『ニード・フォー・スピード』とは世界中で最も大きな成功を収めたレーシング・ビデオゲームシリーズで、またその成功は史上最大とも言われています。以前『ネイビーシールズ』を手掛けたこともあるスコット・ウォー監督が作品の担当をします。そして『リアル・スティール』の脚本を手掛けたジョージ・ゲイティンズとジョン・計ティンズが脚本を担当します。現在2014年内の公開を目標としているそうです。

『ニード・フォースピード』予告編

“ジョージ・ゲイティンズ、ジョン・ゲイティンズ、そしてEAのパートナー達と共に映画化にぴったりな大規模なビデオゲームに基づいた爽快な脚本を映画化できることをとても楽しみに思っています。ドリームワークスにとっても大きなビジネスとなるでしょう。”

スティーヴン・スピルバーグ、ドリームワークス社長

広告

“車が大好きなだけではなく、ブロックバスター活動に対して情熱も抱いているチームと協力できることをとても素晴らしいと感じています。この共同製作は『ニード・フォー・スピード』の生産社として、ドリームワークスのチームの能力を更に高めるものとなるでしょう。”

パトリック・ソダーランド、エレクトロニック・アーツ

『ニード・フォー・スピード』のあらすじはまだ公開されていないので、映画の中でビデオゲームシリーズのどういった要素が強調されるべきだと思うか、ご意見を以下からお聞かせください!また、どの車に登場してほしいですか?フォード・ムスタング、ドッジ・チャレンジャー、 シボレー・カマロ、 ランボルギーニ・ムルシエラゴ、メルセデス・ベンツSLRマクラーレン、日産スカイライン、それとも三菱ランサーエボリューション?

『ニード・フォー・スピード』の今後の詳細にも乞うご期待。
:)


Tweet