ナオミ・ワッツ主演映画Dianaの予告編

MSN映画より、オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督、亡きダイアナ王妃を演じる女優のナオミ・ワッツ主演の新作伝記ドラマ映画『Diana』のこちらの初オフィシャル予告編が公開されました。:

『Diana』映画予告編


『DIANA』

何百万人もの人々に敬愛され、人々の王妃となった世界一有名な女性。

伝説はストーリーの全てを語らない!

あらすじ:
“地雷ゼロキャンペーンや外科医のハスナット・カーン(ナヴィーン・アンドリュース)との関係を中心に、ダイアナ王妃の人生最後の2年(ナオミ・ワッツ)を追ったストーリー。”

この作品でレディ・ダイは自分が正当に評価されていることを認めると思いますか?それとも映画製作者は彼女の人生を劇的にしすぎてしまったのでしょうか?それにダイアナを演じるナオミ・ワッツの演出についてはどう思いますか?以下からご意見をお聞かせください!

こちらの作品は2013年9月20日イギリスの映画館で公開予定です。
:)