トランセンデンス 映画のあらすじ

ワーナー・ブラザーズより、ウォーリー・フィスター監督、ジョニー・デップ主演、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、モーガン・フリーマン、キリアン・マーフィー、ケイト・マラ主演の新作SFアクション・ドラマ映画『トランセンデンス』の公式なあらすじが公開されました。:

あらすじ:
“ウィル・キャスター博士(ジョニー・デップ)は、全ての知識に関する集団的知性と最大範囲の人間の感情全てを持ち備えた知覚力のある機械の発明を試みる人工知能の分野で最も先端を行く研究者。非常に議論を醸し出すような実験により彼は有名になったが、何としても彼の研究を阻止しようとする反テクノロジー過激派たちの主要ターゲットにもなってしまった。しかし、ウィルを破滅させようとする試みの中、彼らは不注意にもウィルの超越性に関与してしまい、彼の成功を導く引き金となってしまう。共に研究者である妻のエブリン(レベッカ・ホール)と親友のマックス・ウォーターズ(ポール・ベタニー)は、可能なこと全てを実行へ移しても良いべきかという疑問を抱えていた。そして知識に対するウィルの熱望が明らかに偏在した権力への果てしない追求へと変わり始めた時、彼らの最も恐れていたことが現実となる。怖ろしいことに、もう彼を止める術は残されていないことだけがどんどん明確になっていく。”

技術革新反対主義者の観念をそのまま映画にしたようなあらすじですね!何故、マインド・アップロードされた生物が邪悪だと決めつけるのでしょうか?それでも僕はまだこの映画がどんな作品に出来上がるのかとても気になってしまいます。

こちらの作品は2014年4月18日劇場公開予定です。
:)