ダーク・シャドウ – コリンズ一家

映画『ダーク・シャドウ』この新記事からコリンズ一家のことが詳しくわかります。:

『ダーク・シャドウ』予告編


『ダーク・シャドウ』 – 奇妙な一家

落ちぶれたコリンズ家の末裔はそれぞれが暗い秘密をひたすら隠して生きていた。女主人のエリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)は一家が抱える問題に対処するため、住み込みの精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)を呼び入れる。ここには他に、エリザベスの無能な弟ロジャー・コリンズ(ジョニー・リー・ミラー)、反抗的な娘キャロリン・ストッダード(クロエ・モレッツ)、そしてロジャーの大切な10歳になる一人息子デイビッド・コリンズ(ガリバー・マクグラス)が住んでいる。そんな中、ヴァンパイアのバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は家族の復興を目指す。
:)