ダンカン・ジョーンズ監督作Warcraft

『World of Warcraft』ファンが待ち焦がれていた『Warcraft』映画がついに製作に入るようです。ハリウッドリポーターによると、(『月に囚われた男』や『ソース・コード』を手がけ、またデヴィッド・ボウイの息子でもある)ダンカン・ジョーンズ監督が、天説的で大嵐となるこのプロジェクトの監督を務めることになりました。(一時期はサム・ライミがこちらの実写化映画の監督として候補にあがっていました。)

『Warcraft』映画予告編

ダンカン・ジョーンズは素晴らしい選出だと思います。彼の才能は既に証明されています。それに彼は真のゲーマーであるので、映画の原作となるゲームを尊重してくれることでしょう。

チャールズ・リーヴィット脚本作です。あらすじは現在未公開となっていて、2015年の上映を目標としているそうです。

『Word of Warcraft』の新作実写化映画に関する今後の詳細もお見逃しなく!
:)