広告

ケヴィン・タンチャローエン監督作モータルコンバット

ワーナー・ブラザーズの社長ランス・スローンが『モータルコンバット』映画が将来公開される予定であることを発表しました。:

『モータルコンバット』映画予告編
広告

“重要ハイライトとなるであろうもう一つの事は、同じ少年を登場させて現在この作品の準備に取り組んでいる、ということでしょう。ケヴィン・タンチャローエンがデジタルシリーズを手がけてくれました。それ以前は、彼自身がYouTubeにアップロードしたレネゲードビデオも製作しました。その後私たちは著作権侵害で訴え、彼を刑務所へ送りました。そして2,3か月後には、彼は我が社のためにデジタルシリーズの監督を務めました。現在彼は4,5千万ドルの作品を手がけています。”

ランス・スローン、ワーナー・ブラザーズ

そして、こちらがインターネット上でのうわさを基に考えられるあらすじです。:

あらすじ:
“実写化リブート版は、みすぼらしく不運なスーパーマーケットの従業員を追った作品。彼はこの世界のあらゆるパワーに気付き、善悪を識別しなければならなくなるのだが、悪の力が彼の真の可能性や彼自身の発見を手伝ったことから、選択に悩んでしまう。”

ケヴィン・タンチャローエンとの以前のインタビュー:

もし、ケヴィン・タンチャローエンが作品の監督を手がけることになるのであれば、ヒット作となることでしょう。彼の”レネゲードビデオ”はとても素晴らしいものでしたし、彼自身がゲームの大ファンなのです。

とにかく、『モータルコンバット』リブート版に関する詳細にも乞うご期待!
:)


Tweet