キャプテン・フィリップス 映画予告編

2009年に起きたアメリカ船のマースク・アラバマ号のハイジャック事件で、ソマリア海賊の人質になったキャプテン・リチャード・フィリップスの実話を描く、トム・ハンクス主演の新作アクション・ドラマ映画『キャプテン・フィリップス』の最新映画予告編がソニー・ピクチャーズより公開されました。:

『キャプテン・フィリップス』オフィシャル予告編


『キャプテン・フィリップス』
あらすじ:
“ポール・グリーングラス監督の『キャプテン・フィリップス』は2009年に発生したソマリア海賊によるアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号のハイジャック事件を様々な視点から描いた作品。刺激的で鼓動が高まるこのスリラー作品は、グローバル化が及ぼす無数の影響を複雑に描写したものとなっている。映画の中では、アラバマの司令官キャプテン・リチャード・フィリップス(トム・ハンクス)と彼が対抗するソマリア人のムセ(バークハッド・アブディ)の関係に焦点が置かれている。ソマリアの海岸沖で起こった裂けることのできない激突を舞台に、二人の男は暴走する経済勢力の中、互いに命を懸けた戦いに直面することになる。”

ソマリア海賊はハイジャックの相手を間違えてしまったようですね!キャプテン・フィリップスはまぬけな弱虫ではありません。教養もなく視野の狭い海賊たちに戦略で打ち勝つことでしょう!

劇場公開日: 2013年11月29日
:)