広告

エンダーのゲーム 映画 あらすじの概要

実写化映画『エンダーのゲーム』ギャヴィン・フッド監督による、作家オーソン・スコット・カードによる同名の大人気SF小説原作の『エンダーのゲーム』の公式なあらすじの概要をご覧ください。:

『エンダーのゲーム』映画予告編

あらすじ:
“時は未来。敵意を抱いたフォーミックスと呼ばれる異星人たちにより、地球は攻撃を受けた。名高い国際艦隊司令官であるメイゼル・ラックハム(ベン・キングスレー)がいなければ、全てが失われるところであった。次の攻撃に備え、高く評価を受けているグラフ大佐(ハリソン・フォード)と国際軍隊は、第二のメイゼルを見出すために、選抜された優れた子供たちだけを養成している。シャイではあるが、戦略に関して優れた才能を持つ少年エンダー・ウィッギン(アサ・バターフィールド)は、エリートに加わるため、高校から引き抜かれる。
バトル・スクールに到着したエンダーは、急速に、かつ容易に、非常に困難な戦争ゲームをマスターし、仲間たちからも尊敬され、一目置かれた存在になる。まもなくエンダーはグラフにより、軍隊の将来の大いなる希望として、コマンド・スクールへの昇進を任命される。そこへ着くと、彼は人類を救うため、そして地球の運命を左右することになる戦いへと仲間の兵士たちを導くため、メイゼル・ラックハム自信によりトレーニングを受ける。”

映画のもととなっている小説を思い出しました。非常に素晴らしいものでした。原作を尊重した形で映画が製作されることを願いましょう!

『エンダーのゲーム』は2013年11月1日公開予定です。
:)

広告

Tweet