エド・ハリス、デイヴィッド・ドゥカヴニー主演映画Phantomの予告編

以下から、トッド・ロビンソン監督、エド・ハリス、デイヴィッド・ドゥカヴニー主演の新作アクション・スリラー映画『Phantom』の初オフィシャル映画予告編をご覧いただけます。:


『PHANTOM』
あらすじ:
“エド・ハリスが、現実の認識を作り替えてしまうような痙攣に密かに苦しむ冷戦中のソビエトのミサイル潜水艦の艦長を演じる。妻と娘をあとに残していくことを強いられた彼は、機密扱いのミッションに突入させられ、自らの過去に悩まされ、(デイヴィッド・ドゥカヴニーにより率いられる)悪党のKGBグループに船の核ミサイルを強奪され、挑戦を突きつけられることになる。人類の宿命が彼の手中にある中、ハリスは自らがこのミッションを不成功に終わらせることを予想されて任務されたことを知る。『Phantom』は不可能な選択に直面した並外れた男たちを描くサスペンス満載の潜水艦スリラーである。”

面白い映画になりそうですね。でも、ソビエト・ロシアの潜水艦についてのストーリーなのに、アメリカの潜水艦についての映画を見ているような気分になってしまうのはなぜでしょう?おそらく俳優のせいだろうと思いますが、彼らは非常に才能があり、共産主義者のキャラクターを演じるにはあまりにもアメリカで停泊しすぎてしまっているのでしょう。

こちらがオフィシャルポスターです。:

(クリックすると拡大ポスターをご覧になれます。)


『PHANTOM』

攻撃は予測不可能。

実話に基づいたストーリー

エド・ハリスとデイヴィッド・ドゥカヴニーの他、ウィリアム・フィクナー、ショーン・パトリック・フラネリー、ジョナサン・シェック、ランス・ヘンリクセン、ジェイソン・べギー、ジェイソン・グレイ=スタンフォード、ジュリアン・アダムスが出演しています。『Phantom』は2013年3月1日公開予定です。
:)